フォーラム01

 

当社では全国生鮮流通フォーラムを毎年2回開催しております。
花き・水産・青果などの生鮮流通について、各業界から講師を招いて講演やシステムの展示を行います。ぜひ、ご来場ください。

 本フォーラムは終了致しました。多数のご来場誠にありがとうございました。

 参加無料! 生鮮業界を取り巻く環境は、国の食品流通構造改革政策や卸売市場制度改革への対応等の中長期的課題と、軽減税率問題やHACCP対応等の目前の課題等が山積しています。

第29回全国生鮮流通フォーラム

生鮮流通に携わる皆様必見の講演・セミナーが目白押しです。ぜひ、ご参加ください。

開催日時 2018年8月28日(火)~8月30日(木)
講演内容
8月28日(火)

L-1 講演
卸売市場新制度の本質と対応方向
13:00~13:50
卸売市場政策研究所 代表 細川 允史 氏


L-2 講演
生鮮食品の小売市場における現状と課題
14:00~14:50
株式会社日本総合研究所 リサーチコンサルティング部門 石田 健太 氏


L-3 講演
生鮮業界と軽減税率対応について
15:00~15:50
中小企業診断士 佐藤 卓 氏


S-1 セミナー
生鮮業界におけるEDI事例研究
16:00~16:50
株式会社サイバーリンクス 流通クラウド事業部 三浦 明 氏


 
8月29日(水)

L-4 講演
花きの現状について
13:00~13:50
農林水産省 生産局 花き産業・施設園芸振興室長 野口 武人 氏


L-5 講演
花き物流問題への取組みについて
14:00~14:50
三和陸運株式会社 社長 井上 博保 氏


S-2 セミナー
新花きシステム紹介
15:00~15:40
・新花きせりシステム発表
・花き業界働き方改革事例
パーソナル情報システム株式会社


 
8月30日(木)

L-6 講演
市場法改正下における卸売市場の課題
13:00~13:50
農林水産省 食料産業局 卸売市場室長 武田 裕紀 氏


L-7 講演
改正市場法に向けての取り組み事例
14:00~14:50
元東京海洋大学大学院教授 淺沼 進 氏


L-8 セミナー
RPAやVDIは生鮮流通市場の“働き方”に変革をもたらせるのか!?
15:00~15:50
株式会社NTTデータ関西 部長 森本 晋司

開催内容 講演、セミナー、相談コーナー、システム展示
参加費 無料・事前申込制
申込方法 終了
会場 JJK会館(築地)
東京都中央区築地4-1-14
東京メトロ日比谷線/都営地下鉄浅草線 「東銀座駅」 6番出口約3分
都営地下鉄大江戸線 「築地市場駅」 A3出口約5分

Googleマップで見る
主催 パーソナル情報システム株式会社
共催 株式会社NTTデータ関西
お問い合わせ パーソナル情報システム株式会社 生鮮フォーラム事務局
TEL:03-5782-9211
FAX:03-5782-9222
E-mail:marketing@pjs.co.jp

※ 講演、セミナー内容、講師、その他の詳細等につきましては、予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
※ 講演、セミナー等は定員になり次第、お申込みを締め切らせていただきます。予めご了承ください。

 本フォーラムは終了致しました。多数のご来場誠にありがとうございました。

 参加無料! 生鮮業界を取り巻く環境の変化に対応する先端情報をお届けすると同時に、最新のIT技術で業績拡大を支援します!

第28回全国生鮮流通フォーラム

開催日時 2018年3月8日(木)
会場 JJK会館
東京都中央区築地4-1-14
東京メトロ日比谷線/都営地下鉄浅草線 「東銀座駅」 6番出口約3分
都営地下鉄大江戸線 「築地市場駅」 A3出口約3分

Googleマップで見る
開催内容 講演/相談コーナー
参加費 無料・事前申込制
申込方法 終了
講演内容

【基調講演】
卸売市場法抜本改革の骨子について
13:00~13:30
卸売市場政策研究所所長 細川 允史 氏

【パネルディスカッション】
市場法抜本改革で水産市場はどう変わるか
13:30~15:00
東京都水産物卸売業者協会会長 伊藤 裕康 氏
東京魚市場卸協同組合理事長 早山 豊 氏
卸売市場政策研究所所長 細川 允史 氏

【懇親会】
15:30~
参加希望の場合は受付にて懇親会チケットをお買い求めください。
ご招待の方は、招待状(ハガキ)を忘れずにご提示ください。

主催 パーソナル情報システム株式会社
共催 株式会社NTTデータ関西
お問い合わせ パーソナル情報システム株式会社 生鮮流通フォーラム事務局 営業企画
TEL:03-5782-9211
FAX:050-3730-9458
E-mail:marketing@pjs.co.jp

※ 講演、セミナー内容、講師、その他の詳細等につきましては、予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
※ 講演、セミナー等は定員になり次第、お申込みを締め切らせていただきます。予めご了承ください。

 本フォーラムは終了致しました。多数のご来場誠にありがとうございました。

 参加無料! 生鮮業界を取り巻く環境の変化に対応する先端情報をお届けすると同時に、最新のIT技術で業績拡大を支援します!

第27回全国生鮮流通フォーラム

開催日時 【東京】 2017年8月21日(月)~ 8月23日(水)
【大阪】 2017年8月29日(火)
会場 【東京】 JJK会館
東京都中央区築地4-1-14
東京メトロ日比谷線/都営地下鉄浅草線 「東銀座駅」 6番出口約3分
都営地下鉄大江戸線 「築地市場駅」 A3出口約3分

Googleマップで見る
 
【大阪】 大阪市中央卸売市場
大阪府大阪市福島区野田1-1-86 業務管理棟16F
JR環状線 「野田駅」 約10分
地下鉄千日前線 「玉川駅」 約10分

Googleマップで見る
開催内容 講演/事例紹介セミナー/相談コーナー
参加費 無料・事前申込制
申込方法 終了
講演内容
8月21日(月)東京会場

【シンポジウム】 13:00~15:00
農業改革で市場流通はどう変わる
基調講演① 農業ジャーナリスト 東京農業大学客員教授 小暮 宣文 氏
基調講演② JA全農園芸部 次長 金子 千久 氏
政府の農業改革の一環として卸売市場制度が抜本的に改正されようとしています。これによって従来の市場流通が具体的にどう変わっていくのだろうか?

【パネルディスカッション】
司会:月刊農林リサーチ主幹 編集長 小林 彰一 氏
パネラー:小暮 宣文 氏、金子 千久 氏


8月22日(火)東京会場

【シンポジウム】 13:00~15:00
築地は守る、豊洲を活かす
東京魚市場卸協同組合(東卸) 理事長 早山 豊 氏
小池都知事の方針を受けて、築地市場最大の業界団体である「東卸」の理事長として今後どう取り組んでいこうとしているのか、率直な意見を聞かせていただこうと思います。

【パネルディスカッション】 13:00~15:00
どうすれば築地を守り、豊洲を活かせるのか
司会:水産経済新聞社 記者 八田 大輔 氏
パネラー:東京魚市場卸協同組合(東卸) 理事長 早山 豊 氏
みなと新聞社 記者 篠田 恵 氏
日刊食料新聞社 社長 木村 岳 氏
東京魚市場卸協同組合の早山理事長と築地の第一線の記者の皆様によるパネルディスカッションにご期待ください。

【セミナー】 15:10~15:40
水産市場システムのパッケージ価格発表
従来型システムからの切り替えに苦労している水産市場を支援するために驚きの低価格パッケージを発表します。豊富な導入実績を誇り、水産市場の機能を全て備えているので短期間での移行が可能です。

【セミナー】 15:50~16:20
水産商社システム仲卸システムパッケージ
量販店、外食、専門店等との取引を行う商社や問屋にとって利益・在庫の管理は悩みの種。水産、生鮮食品業に精通したエンジニアが開発したパッケージをご紹介いたします。


8月23日(水)東京会場

【講演】 13:00~14:00
ビジネスモデルとは何か ~花き業界のイノベーションのために~
公益財団法人笹川平和財団国際事業部長(元農水省花き振興室長) 佐分利 応貴 氏
国の農業改革のもと、卸売市場中心の流通のあり方が大きく変わると言われておりますが、「しかし、その商品特性から花は青果と違うのだ!」との流通業者の声も聞こえます。花き流通のビジネスモデルや上流花流統合モデル、多角化モデルなど様々な「儲け方」をわかりやすく解説していただきます。

【セミナー】
花き卸売市場向け最新導入事例 「攻めのIT」と「守りのIT」一挙ご紹介!
Webやスマホ・タブレットを活用して顧客に対して販売強化を図らなければならない一方で、社内業務の効率化やコストダウンの両方を実現しなければならない厳しい時代。基幹、Web、スマぜりなど、全面リニューアルを果たした当社最新ソリューションの導入事例を一挙ご紹介いたします。

【セミナー】 15:10~16:00
花き仲卸の働き方を変える事例研究
全国の花き仲卸や花問屋で30社以上の導入実績のある仲卸パッケージは単なる売り上げ増を目指すだけでなく、現場の業務効率を高めて、確実に人員削減を図ることができます。最近の成功事例を紹介します。


8月29日(火)大阪会場

【セミナー】 11:30~12:00
水産市場システムのパッケージ価格発表
従来型システムからの切り替えに苦労している水産市場を支援するために驚きの低価格パッケージを発表します。豊富な導入実績を誇り、水産市場の機能を全て備えているので短期間での移行が可能です。

【講演】 13:00~14:00
政府の改革で市場流通はどう変わる
農業ジャーナリスト 東京農業大学客員教授 小暮 宣文 氏
政府の農業改革の一環としての農業改革や卸売市場制度の抜本的改正で青果流通や花き流通は今後どう変わり、それによって卸売市場にはどういう役割・機能が求められるのでしょうか。大阪本場とは縁の深い講師に大いに語っていただきます。

【セミナー】 14:00~14:50
変革する生鮮市場環境で求められるIT戦略とは?
株式会社NTTデータ関西
変革期にある生鮮流通業界において、更なるビジネス拡大に向け様々な対策が求められております。スマホやクラウド等のツール整備から、内部統制強化、脱ホストやシステム統合といった難しい課題対策まで、多種事例を交えて、ご一緒に成功法則を探りませんか?

【セミナー】 15:00~15:40
水産商社システム仲卸システムパッケージ
量販店、外食、専門店等との取引を行う商社や問屋にとって利益・在庫の管理は悩みの種。水産、生鮮食品業に精通したエンジニアが開発したパッケージをご紹介いたします。

主催 パーソナル情報システム株式会社
共催 株式会社NTTデータ関西
お問い合わせ パーソナル情報システム株式会社 生鮮流通フォーラム事務局 営業企画
TEL:03-5782-9211
FAX:050-3730-9458
E-mail:marketing@pjs.co.jp

※ 講演、セミナー内容、講師、その他の詳細等につきましては、予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
※ 講演、セミナー等は定員になり次第、お申込みを締め切らせていただきます。予めご了承ください。

 本フォーラムは終了致しました。多数のご来場誠にありがとうございました。

 参加無料! 生鮮業界を取り巻く環境の変化に対応する先端情報をお届けすると同時に、最新のIT技術で業績拡大を支援します!

第26回全国生鮮流通フォーラム

開催日時 【東京】 2017年2月28日(火)、3月1日(水)
【大阪】 2017年3月3日(金)
会場 【東京】 JJK会館
東京都中央区築地4-1-14
 
【大阪】 NTT DATA堂島ビル
大阪府大阪市北区堂島3−1−21
開催内容 講演/事例紹介セミナー/相談コーナー
参加費 無料・事前申込制
申込方法 終了
講演内容
2月28日(火)東京会場

【S1 セミナー】 11:20~12:00
変革する生鮮市場環境で求められるIT戦略とは?
(株)NTT データ関西
変革期にある生鮮流通業界において、更なるビジネス拡大に向け様々な対策が求められております。スマホやクラウド等のツール整備から、内部統制強化、脱ホストやシステム統合といった難しい課題対策まで、多種事例を交えて、ご一緒に成功法則を探りませんか?

【T-1 講演】 13:00~14:00
生鮮流通は市場抜本改正でどう変わるか・・・水産、青果市場への影響は必至
農業ジャーナリスト 東京農業大学客員教授 小暮 宣文 氏
政府は昨年11 月末に卸売市場法の抜本改正を決めました。政府方針と全農改革の行方から市場制度改革の今後を読み解き、市場流通及び青果物流通にどのような影響が予想されされるか、解説をして頂きます。

【T-2 講演】 14:10~15:10
卸売市場に求められる新たな役割・機能・・・政府の農業競争力強化プログラムとは
卸売市場政策研究所 細川 允史 氏
「農業競争力強化プログラム」として出された政府決定を見れば、市場制度改革というより、卸売市場の存在意義が問われているといえます。卸売市場の役割・機能の抜本的な見直しと市場流通のあり方をどう深化させるかについて提言して頂きます。

【S-2 セミナー】 15:20~16:00
ネット取引で躍進する卸売市場とは
今後進められようとしている市場法の抜本改正で卸売市場の取引のあり方が大きく変る事が求められますがそのカギを握るのが、web を活用した商物分離取引です。特にweb 活用が立ち遅れている青果、水産業界の新たな取引のあり方について提案します。


3月1日(水)東京会場

【T-3 講演】 13:00~13:50
大田花きの新たな営業戦略とは・・・市場制度改革を見据えた花き流通
(株)大田花き 情報システム本部長 平野 俊雄 氏
今、国の規制改革会議から卸売市場法を大幅に改正する提言がなされたことを受けて、今後、花きの流通再編も予想されますが、それを見据えた大田花きの営業方針や物流対策等について解説して頂きます。

【S-3 セミナー】 14:00~14:40
ここまで進んだ花き市場・仲卸システム
市場法の抜本改正は花き市場や仲卸にも大きな影響を与える事は必至です。既に大手市場では着々と情報面や物流面で手を打ち始めています。いかにコストをかけずに多様化する取引に対応するか、卸のweb 入札や在宅オークション仲卸web 活用等、先端事例を紹介します。

【ユーザー会】 15:00~16:00
花き市場・花き仲卸ユーザー会
全国の花き市場や花き仲卸のユーザー会を開催します。各地域の産地動向や販売状況などの情報交換や懇親会を行います。


3月3日(金)大阪会場

【S-4 セミナー】 12:40~13:20
変革する生鮮市場環境で求められるIT戦略とは?
(株)NTT データ関西
変革期にある生鮮流通業界において、更なるビジネス拡大に向け様々な対策が求められております。スマホやクラウド等のツール整備から、内部統制強化、脱ホストやシステム統合といった難しい課題対策まで、多種事例を交えて、ご一緒に成功法則を探りませんか?

【S-5 セミナー】 13:30〜14:20
データセンター見学/相談会
【定員になりました】 第2回目16:30~のお申し込みになります。
(株)NTT データ関西
企業の情報システムの運用・管理を行う上で、データセンターの重要性の増大は、世界のデータセンター市場規模から見ても明らかです。
そのような企業の根幹を支えるデータセンターの見学会を、西日本エリアのインターネットの中心であり、高い堅牢性と耐災害性を備えアクセスしやすい立地などから非常に人気の高い「大阪堂島データセンター」で実施致します。

【T-4 講演】 14:30~15:30
卸売市場に求められる新たな役割・機能・・・政府の農業競争力強化プログラムとは
卸売市場政策研究所 細川 允史 氏
「農業競争力強化プログラム」として出された政府決定を見れば、市場制度改革というより、卸売市場の存在意義が問われているといえます。卸売市場の役割・機能の抜本的な見直しと市場流通のあり方をどう深化させるかについて提言して頂きます。

【S-6 セミナー】 15:40~16:20
ネット取引で躍進する卸売市場とは
今後進められようとしている市場法の抜本改正で卸売市場の取引のあり方が大きく変る事が求められますがそのカギを握るのが、web を活用した商物分離取引です。
特にweb 活用が立ち遅れている青果、水産業界の新たな取引のあり方について提案します。

主催 パーソナル情報システム株式会社
共催 株式会社NTTデータ関西
お問い合わせ パーソナル情報システム株式会社 生鮮流通フォーラム事務局 営業企画
TEL:03-5782-9211
FAX:050-3730-9458
E-mail:marketing@pjs.co.jp

※ 講演、セミナー内容、講師、その他の詳細等につきましては、予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
※ 講演、セミナー等は定員になり次第、お申込みを締め切らせていただきます。予めご了承ください。

 本フォーラムは終了致しました。多数のご来場誠にありがとうございました。

 参加無料! 生鮮業界を取り巻く環境の変化に対応する先端情報をお届けすると同時に、最新のIT技術で業績拡大を支援します!

第25回全国生鮮流通フォーラム

開催日時 2016年9月6日(火)、7日(水)
会場 JJK会館
東京都中央区築地4-1-14
開催内容 講演/事例紹介セミナー/相談コーナー/システム展示
参加費 無料・事前申込制
申込方法 終了
講演内容
9月6日(火)

【T-1 講演】 13:00~13:50
豊洲市場に向けた新たなビジネス戦略
築地魚市場(株) 代表取締役社長 吉田 猛 氏
豊洲市場への移転を機に新たなステージに挑む築地魚市場株式会社は豊洲市場内の冷蔵庫棟建設やグループ会社との連携強化など、移転に向けた動きが業界の注目を集めています。環境への配慮を重視し、安全・衛生・品質管理の高度化を追求するその営業戦略、物流戦略を紹介します。

【T-2 講演】 14:00~14:50
第10次卸売市場整備基本方針について
卸売市場政策研究所 所長 細川 允史 氏
今年1月に公表された 第10次卸売市場整備方針は第9次方針までとは性格を異にした部分が見られます。それがどういう意味を持ち今後どのような影響が考えられるのか、今日のわが国の卸売市場の分析と将来展望について考察します。

【T-3 講演】 15:00~15:50
今、小売りと消費の現場で何が起きているか?
日本経済新聞社 編集局調査部次長 白鳥 和生 氏
人口減少社会に入った市場環境の中で、スーパー・コンビニエンスストアはどのような戦略を描いているのか、消費者の行動変化をと合わせて、日経の白鳥氏に解説して頂きます。11月に迫った豊洲市場開場後の生鮮食品流通についても大いに参考になる情報が期待されます。

【S-1 セミナー】 11:00~11:40
IT活用の実態を事例で紹介 ~「経営の見える化」「業務効率化」をどう実現する!?~
(株)NTTデータ関西
御社の基幹システムは「経営の見える化」「業務効率化」を実現していますか?
今回、周辺系IT化戦略の事例から見える技術動向や現場活用事例から、御社IT戦略での活用をディスカッションする場にしませんか?

【S-2 セミナー】 14:20 ~15:00
水産市場システム成功事例研究|中堅、中小市場向けパッケージシステム
パーソナル情報システム(株)
短期期間、低コストで旧来のシステムからオープン系システムに移行した最近の事例を紹介します。
・ 適正なコストとは(導入費用、維持費用)
・ システムの永続性は(次世代OS対応、修正、追加)
・ サポート体制・指導体制(スムーズな移行)情報の一元管理
・ 即時情報提供」「業務の省力化とコスト集中」について、最大の成果を得るためのキーポイントと、導入から3年経過した現在の達成状況をご紹介致します。

【S-3 セミナー】 16:00~16:40
生鮮業界において「ERP」の導入はなぜ進まないのか?|意外に知らないERPとは?
パーソナル情報システム(株)
ERPという概念が出現してから既に20年が経過しております。
主要上場企業のほぼ全てがERPで全社統合システムを構築している中、生鮮流通業界での導入事例が進まないのはなぜなのか?
生鮮流通業界においては、その販売業務の特殊性から、受発注・売上・仕入・在庫管理を中心にIT投資が行われたきましたが、今まで重要視されてこなかった財務管理や債権管理にフォーカスすることで、不良債権の防止や財務の見える化など、ERPを知ることで低成長時代のIT投資のポイントについてERPコンサルタントが分かりやすく解説します。


9月7日(水)

【T-4 セミナー】 13:00~13:50
国内最大級の「手ぜり」市場が放つ|タブレットを活用した新たなせりサービス「スマぜり」とは?
(株)第一花き 代表取締役社長 松本 頼明 氏
司会:パーソナル情報システム(株)
国内最大級の手ぜり市場である第一花き様は、従来からの伝統的なせり方式を残しながらも、今後の北足立市場の更なる活性化とお客様への利便性向上を意図して、インターネット上で新たなせりサービスである「スマぜり」を構築されました。「スマぜり」は、パソコンやタブレットから、インターネットを通じてどこからでもリアルタイムに手ぜりへ参加することが可能で、全国の手ぜり市場のこれからのせり販売のあり方に一石を投じる新たな試みを展開されております。その開発意図や今後の戦略について、代表取締役社長の松本頼明様にじっくり語って頂きます。

【S-5 セミナー】 13:00~13:50
青果卸、仲卸システムの最新事例セミナー
(株)コムレイド 代表取締役 玉村 浩一 氏
効率的な荷受システムと連携した即時性に優れたセリ即時入力システムなどによる業務円滑化、また、営業別の営業実績の共有化など青果卸システムや仲卸システムで業界から高い評価を得ている最新事例を紹介します。

【S-6 セミナー】 14:00~14:50
生鮮EDI取引事例紹介セミナー
(株)サイバーリンクス 流通クラウドサービス事業部 三浦 明 氏
食品スーパーとの取引を進める上で生鮮標準商品コードを活用して、EDI取引を行っている卸売業者が増えてきています。
EDI取引のシステム開発と運用について随一の実績を持つサイバーリンクスから実例を交えて説明をしてもらいます。

【S-7 セミナー】 15:00~15:40
生鮮業界において「ERP」の導入はなぜ進まないのか?|意外に知らないERPとは?
パーソナル情報システム(株)
ERPという概念が出現してから既に20年が経過しております。
主要上場企業のほぼ全てがERPで全社統合システムを構築している中、生鮮流通業界での導入事例が進まないのはなぜなのか?
生鮮流通業界においては、その販売業務の特殊性から、受発注・売上・仕入・在庫管理を中心にIT投資が行われたきましたが、今まで重要視されてこなかった財務管理や債権管理にフォーカスすることで、不良債権の防止や財務の見える化など、ERPを知ることで低成長時代のIT投資のポイントについてERPコンサルタントが分かりやすく解説します。

【S-8 セミナー】 15:00~
花き卸売市場、仲卸事業者向け最新ソリューション・事例紹介
パーソナル情報システム(株)
受注業務からネット販売までシームレス対応した市場向け販売管理パッケージや、シンプルで簡単な操作性、膨大な品種マスタも楽に検索できる仲卸業態向けシステム、また、クラウド技術を活用したロケーションフリーな花きオークションサービスなどをご紹介。
SNS機能を活用した 生鮮/花卉流通の最新事例
花きネット(株)
SNS(商談)機能も活用できる、卸売市場の集荷力を補完する調達サイトサービスや、画像表示機能等、最新のサービス内容・取組事例をご紹介。

主催 パーソナル情報システム株式会社
共催 株式会社NTTデータ関西
お問い合わせ パーソナル情報システム株式会社 生鮮流通フォーラム事務局 営業企画
TEL:03-5782-9211
FAX:050-3730-9458
E-mail:marketing@pjs.co.jp

※ 講演、セミナー内容、講師、その他の詳細等につきましては、予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
※ 講演、セミナー等は定員になり次第、お申込みを締め切らせていただきます。予めご了承ください。

 本フォーラムは終了致しました。多数のご来場誠にありがとうございました。

 参加無料! 生鮮業界を取り巻く環境の変化に対応する先端情報をお届けすると同時に、最新のIT技術で業績拡大を支援します!

第24回全国生鮮流通フォーラム

開催日時 2016年2月16日(火)、17日(水)
会場 JJK会館
東京都中央区築地4-1-14
開催内容 講演/事例紹介セミナー/相談コーナー/システム展示/花きユーザー会
参加費 無料・事前申込制
申込方法 終了
講演内容
2月16日(火)

【T-1 講演】 13:00~14:00
豊洲移転に向けての進捗報告
東京都水産物卸売業者協会
会長 伊藤 裕康 氏
部長 浦和 栄助 氏
毎日4万人が訪れ、にぎわいを見せている東京の台所、築地市場。
いよいよその築地市場が2016年11月に豊洲市場に移転します。
新市場はどのように生まれ変わろうとしているのか。
また、現在の進捗状況と今後の課題とは・・・。
新市場対策の業務に携わる水産物卸売業者協会の伊藤会長より、豊洲市場の今後についてお話しいただき、浦和部長よりその詳細について説明いただきます。

【T-2 講演】 14:10~15:10
いま、スーパー・コンビニに何が起きているか? ~消費者の変化と小売業の課題~
日本経済新聞社 編集局調査部 次長 白鳥 和生 氏
現在、少子高齢化に伴い、人口減少社会に突入しました。国内市場縮小が問題視される中で、スーパー・コンビニエンスストアはどのような戦略を描いているのか。またそれに伴う消費者の行動変化とは。
消費者の現状と合わせて、小売業の課題について解説致します。

【S-1 セミナー】 11:30~12:20
株式会社大水様の事例に見るIT戦略の成功術とは!?
株式会社NTTデータ関西
大手水産卸売会社である(株)大水様のIT化統括責任者様より、基幹システム更改に立ちはだかる諸問題に対して、如何に乗り越え、成功に導いたのかについて、具体例を交えながらお話頂くビデオセッションを中心に事例のご紹介を致します。

【S-2 セミナー】 14:10~14:50
軽減税率の研究と対策について
株式会社オービックビジネスコンサルタント
2017 年4 月から消費税が10% 引き上げられます。
それに伴う「軽減税率の対象品目」について政府方針が固まりました。原則として酒を除く、生鮮・食品・加工の分野が対象となったことで卸・仲卸・流通業界は対処方法のハードルは下がりましたが、必ずしも安閑としてはいられない様です。軽減税率の更なる研究とシステム側での準備・対処の実務についてご提案致します。

【S-3 セミナー】 15:20~16:10
生鮮EDIシステムの現状 ~生鮮商品標準コードの小売業におけるメリット~
株式会社サイバーリンクス
農産や水産の相場品取引におけるEDI化は、商品コードや取引形態の複雑さから難しいと言われてきました。サイバーリンクスの生鮮EDIシステムは生鮮標準コードを用いてこの問題を解決し、EDI率を高める事に成功しました。以上の事例についてご紹介致します。

【S-4 セミナー】 15:20~16:10
水産市場・市場内冷蔵庫向け最新システムのご紹介
パーソナル情報システム株式会社
現在の水産卸売市場における共通の3 大問題は「軽減税率対応」 「 流通BMS等の量販店対応」「システムの老朽化による切替問題」です。
また、マーケットや流通の変革に伴い「荷受型から商社型」への転換が求められています。そこで以上の構造的な問題を解決するための最新の低コスト・高品質なシステムをご提案します。


2月17日(水)

【T-3 講演】 13:00~14:30
姫路生花の躍進を支える情報化戦略とは
株式会社姫路生花卸売市場/パーソナル情報システム株式会社
厳しい経済環境下にある花き業界にあって、毎年右肩上がりで業績を伸ばしている株式会社姫路生花卸売市場。インターネットを有効に活用して産地や顧客の囲い込みを図るなど、その経営戦略に迫ります。更に、新たな取り組みや物流戦略など、今後の構想もご紹介します。

【花きユーザー会】 14:30~16:00
花きユーザー会

主催 パーソナル情報システム株式会社
共催 株式会社NTTデータ関西
お問い合わせ パーソナル情報システム株式会社 生鮮流通フォーラム事務局 営業企画
TEL:03-5782-9211
FAX:050-3730-9458
E-mail:marketing@pjs.co.jp

※ 講演、セミナー内容、講師、その他の詳細等につきましては、予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
※ 講演、セミナー等は定員になり次第、お申込みを締め切らせていただきます。予めご了承ください。

 本フォーラムは終了致しました。多数のご来場誠にありがとうございました。

 参加無料! 生鮮業界を取り巻く環境の変化に対応する先端情報をお届けすると同時に、最新のIT技術で業績拡大を支援します!

第23回全国生鮮流通フォーラム

築地市場の移転先である豊洲市場が平成28年11月上旬に開場することが決まった。いよいよ来年に迫った豊洲市場開場について、前回大好評を博した東京都水産物卸売業者協会 浦和部長に講演頂きます。また花き業界向けでは農林水産省の綱澤先生に去年12月から施行された花き振興法について解説頂きます。他にも生鮮流通に携わる皆様必見の講演・セミナーが目白押しです。

開催日時 2015年8月26日(水)、27日(木)
会場 JJK会館
東京都中央区築地4-1-14
開催内容 講演/事例紹介セミナー/相談コーナー/システム展示
参加費 無料・事前申込制
申込方法 終了
講演内容
8月26日(水)

【T-1 講演】 12:00~13:00
国産花きイノベーション推進事業の活用事例
農林水産省 生産局 園芸作物課 花き産業・施設園芸振興室 課長補佐 赤堀 益男 氏
昨年12月に花き振興法が施行され、同法の理念を具体化するための種々の対策・支援策が取り組まれています。 本講演では、国産花きイノベーション推進事業を活用し実施された地域における取組や、花き関係者が連携し取り組んだ事例等を紹介します。また、2020年のオリンピックを契機に、世界へ国産花きの素晴らしさをアピールし、日本の花業界活性化につながる取組について説明します。

【T-2 講演】 13:10~14:10
花のサプライチェーン構築事例
株式会社大田花き 営業本部 宍戸 純 氏
いま市場に求められるニーズが増えつつあります。花の消費が低迷化し、生産量が減少傾向にある中で市場はどのような役割を果たしていくのか。 また生産者・買参人が取るべき具体的な対策とは何か。ヒット商品ダリアの仕掛人として知られる産地、流通、小売に精通した花市場営業の最前線の成功事例を解説致します。

【S-1 セミナー】 14:20~15:00
生鮮/花卉流通における最新の「SNS」事例
パーソナル情報システム株式会社
最近の目立った例として、花き流通に限らず生鮮流通業界においてtwitter、facebook、lineなどのSNS等を活用したSNS事業が活発です。特に、受発注や営業支援の分野において効果的に活用している 最新事例を研究します。

【M-O セミナー】 10:30~11:20
【M-F セミナー】 15:10~16:00
マイナンバーセミナー
マイナンバー制度のご準備はできていますか? 来年の1月には全ての企業でマイナンバーの運用を開始しなければなりません。 そこで、毎回大講評を頂いているマイナンバーセミナーを開催致します。 午前と午後で1日2回行いますので、奮ってご参加ください。 ※講演時間についてお間違いのないようにご注意ください。


8月27日(木)

【T-3 講演】 13:00~13:40
豊洲市場に向けての進捗報告
東京都水産物卸売業者協会 株式会社水産卸ビジネスサポート 部長 浦和 栄助 氏
全国から、海外から毎日見学者であふれる築地市場が2016年11月に 豊洲市場に移転します。 新市場はどのように生まれ変わろうとしているのか。 現在の進捗状況と今後の課題について、 市場対策の業務に携わる浦和氏に講演頂きます。

【T-4 講演】 12:00~12:30
東京都食品衛生マイスター制度 ~自主管理推進の取組~
東京都福祉保健局 健康安全部 食品監視課 自主管理認証制度担当
東京都では、都独自の「東京都食品衛生自主管理認証制度」により、 食品事業者が取り組む衛生管理について、都の基準を満たしている施設を 認証し、公表しています。 都外で都内流通食品を製造する事業者でも活用できます。 自社の衛生管理体制を再確認し、消費者や取引先に対して 安全と信頼の取組姿勢をアピールできる都の制度をご紹介致します。

【T-5 講演】 12:40~13:40
異物混入問題と食品表示・品質管理の重要性
公益財団法人 食の安全・安心財団 理事・事務局長 中村 啓一 氏
現在異物混入の事件が多く取り上げられ、メディア・消費者は 食の安全について非常に敏感になっています。 さらに食品表示法の施行による対応が迫られています。 法律や環境の目まぐるしい変化に、 事業者はどのような対策を講じていくべきなのか解説致します。

【S-2 セミナー】 12:00~12:50
株式会社大水様が目指したIT戦略とは!?
株式会社NTTデータ関西
大手水産卸売会社である株式会社大水様の導入事例より、 「経営数値の見える化」「情報の一元管理・即時情報提供」 「業務の省力化とコスト集中」について、最大の成果を得るためのキーポイントと、 導入から3年経過した現在の達成状況をご紹介致します。

【S-3 セミナー】 13:50~14:30
水産地方市場向け最新システムのご紹介
パーソナル情報システム株式会社
現在の水産卸売市場における共通の3大問題は 「2003 serverのサポート切れ」 「流通BMS等の量販店対応」 「システムの老朽化による切替問題」です。中でも、中堅中小においては 投資力の点から問題解決が遅れ気味です。また、マーケットや流通の変革に 伴い「荷受型から商社型」への転換が求められていますが、 旧システムでは思うに任せません。そこで以上の構造的な問題を解決する ための最新の低コスト・高品質なシステムをご提案します。

【S-4 セミナー】 13:50~14:30
食品表示・品質管理の課題解決に向けたシステムのご紹介
eBASE株式会社
食品関連事業者の皆様に、 食品表示・品質管理で山積する課題解決に向け、 様々なシステムでご支援させて頂きたいと思います。 食の安全・安心データベースシステム「FOODS eBASE」では、 自社の情報管理だけでなく、企業間の情報交換を含め、 業界全体を最適化するシステムをご提供致します。

【S-5 セミナー】 14:40~15:20
生鮮食品業界における業務システムの最新動向
パーソナル情報システム株式会社
数多ある生鮮食品の分野において、自社取扱品目に最適な 業務システムを選定することは困難を極めます。 さらに販売取引多様化への対応を迫られ、消極的選択を 余儀なくされる例も少なくありません。 受注から始まる一貫した情報設計を可能にし、 EDI・商品情報への対応、物流・加工プロセスの見える化を実現する 生鮮テンプレートをご紹介致します。

【M-O セミナー】 10:30~11:20
【M-F セミナー】 14:40~15:30
マイナンバーセミナー
マイナンバー制度のご準備はできていますか? 来年の1月には全ての企業でマイナンバーの運用を開始しなければなりません。 そこで、毎回大講評を頂いているマイナンバーセミナーを開催致します。 午前と午後で1日2回行いますので、奮ってご参加ください。 ※講演時間についてお間違いのないようにご注意ください。

主催 パーソナル情報システム株式会社
共催 株式会社NTTデータ関西
お問い合わせ パーソナル情報システム株式会社 生鮮流通フォーラム事務局 営業企画
TEL:03-5782-9211
FAX:050-3730-9458
E-mail:marketing@pjs.co.jp

※ 講演、セミナー内容、講師、その他の詳細等につきましては、予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
※ 講演、セミナー等は定員になり次第、お申込みを締め切らせていただきます。予めご了承ください。

 本フォーラムは終了致しました。多数のご来場誠にありがとうございました。

 参加無料! 生鮮業界を取り巻く環境の変化に対応する先端情報をお届けすると同時に、最新のIT技術で業績拡大を支援します!

第21回全国生鮮流通フォーラム

10年にわたり等フォーラムは、生鮮流通業界に携わる花き・水産・青果のお客様向けに講演・セミナーを開催してきました。第21回目を向かえる今回、生鮮流通に関わる「食品業界様向け」の講演・セミナーを新たに実施致します。元食品表示Gメンの中村先生、また前回ご好評いただきました千葉大学大学院教授の斉藤先生の講演など、充実した内容を用意しております。 また、今回からは新たに「動画中継」を実施致します。遠方でご参加できない、スケジュールが…というお客様はぜひ動画中継のお申込みお待ちしています。

開催日時 2014年8月28日(木)、29日(金)
会場 JJK会館
東京都中央区築地4-1-14
開催内容 講演/事例紹介セミナー
参加費 無料・事前申込制
申込方法 終了
講演内容
8月28日(木)

【T-1 講演】 12:30~14:00  水産 
移転計画を内外の視点から紐解く
築地市場移転の現状と生鮮流通の今後

東京都水産物卸売業者協会 部長 浦和 栄助 氏
株式会社水産流通 専務取締役 長本 克義 氏
業界全体が動向を見守る築地市場の移転整備。昨年決定した2020年東京オリンピック誘致で加速する湾岸エリアの開発は、築地市場移転計画のロードマップも書き換えようとしています。国家的プロジェクトの一端とも言える移転計画の間で水産卸はどのように最適解を導き出してゆくのか。そして豊洲新市場を見据え動き出した生鮮流通の新潮流とは?東京都水産物卸売業者協会新市場対策部の浦和氏と株式会社水産流通 長本氏がそれぞれ解説する90分です。

【T-2 講演】 15:10~16:30  基調講演 
新たな価値を創造するフードシステムの革新とは
【続】流通システムの革新とバリューチェーンの構築

千葉大学大学院教授 日本フードシステム学会会長 斎藤 修 氏
前回講演で大好評を博した斎藤修教授によるフードシステム論の続編が時間を拡大して生鮮流通フォーラムに再登場。農漁業の価値をどのような手法を用いて増幅し消費者に届けるか、6次産業化やバリュー・サプライチェーンの構築について具体的事例を前回講演以上に多数取り上げながら、フードシステムの革新をわかりやすく解説します。また今講演では卸売市場はじめ市場流通におけるバリューチェーン形成の可能性にもフォーカスし、より実践的なアプローチで解説致します。

【ST-1 セミナー】 11:00~11:50  水産 
大手水産卸が実現した変革をもたらすITとは !?
NTTデータ関西
水産流通業界全体を取り巻く状況が、以前にも増して複雑高度化している現在の経営環境においては、より正確、且つより即時性をもった「経営数値の見える化」が、的確で迅速な意思決定を行ううえでの重要なカギとされています。今回の事例紹介セミナーでは某大手水産卸売会社様が目指した「経営数値の見える化」「情報の一元管理・即時情報提供」「業務の省力化とコスト集中」について、お客様の実際の事例を取り上げながらご紹介致します。

【ST-2 セミナー】 14:10~15:00  水産 
築地発 業種特化型システムで攻めの経営
水産食品商社向け最新業務システムの導入事例

パーソナル情報システム株式会社
売上高80億円を超えるある中堅水産商社が直面した経営課題、それは拡大する事業全体を最適にマネジメントできる次世代型業務システムの構築にあった。主力事業の生鮮水産物販売に加え世界文化遺産登録でますますの成長が期待される寿司材料事業など事業成長エンジンの能力は十分にある。しかしエンジンの性能を最大限発揮させる為にはエンジンをマネジメントする優れた業務システムの構築が不可欠だった――。同社が選択した業種特化型水産商社システムの導入事例に迫ります。


8月29日(金)

【T-3 講演】 14:10~15:10  花 
花き業界の先端をゆく経営戦略の一端に迫る
決め手は3本の柱!姫路生花躍進の秘密

市場流通ジャーナリスト 元東京海洋大学大学院教授 淺沼 進 氏
群雄割拠する全国の花き市場で取扱高を年々拡大し、100億円市場の仲間入りを果たした業界トップランナーの1社、姫路生花卸売市場。大阪・神戸にほど近く市場間競争の熾烈な商圏の中で、同社は市場の中心的役割として「3本の柱」を経営戦略に掲げ今日の飛躍を遂げました。同社の躍進を支えた「3本の柱」とは果たして何か、そして成長の歩みを止めない同社の次なる一手とは?お馴染み市場流通ジャーナリストの淺沼進氏が姫路生花躍進の秘密に緻密な取材で迫ります

【T-4 講演】 13:00~14:00  食品 
表示問題と法改正 事業者が今やるべきことは
迫る食品表示法施行とコーポレート・ガバナンス

公益財団法人 食の安全・安心財団 理事・事務局長 中村 啓一 氏
食の安全・安心を脅かす事件。近年では偽装問題やメニュー誤表示など企業側責任の事例にとどまらず、SNSという消費者生成メディアを震源とした不適切画像の拡散による企業イメージの毀損など、食の安全・安心をとりまく様相はより複雑多様化しています。このような業界背景の中、施行を1年後に控えた新食品表示法は業界にどのようなインパクトを与えるのか。新たな食品表示基準の解説から有事に備える企業統治のあり方まで、食に関わるリスクコミュニケーションを考えます。

【ST-3 セミナー】 13:10~14:00  花 
15年目を迎えた花きネット 新たなる挑戦
花きネット~ネットを制する者が市場を制する

花きネット株式会社
15年目を迎えた花き市場向けネット取引プラットフォーム「花きネット」。まだASPという言葉すら一般的でなかった時代から、今や花き業界でもネット取引は事業に欠かせない最有力な販売チャネルとして一定の存在感を放つまでに一般化してきました。そして今、スマートフォンやタブレット等のモバイルデバイスの進化によりロケーションに縛られない新たなネット取引がスタンダードになろうとしています。ネットを制する者が市場を制す、花きネット今後の展望を紹介致します。

【ST-4 セミナー】 15:30~16:30  花 
新スタイルのせりに挑む中堅花き市場の報告
タブレットがせりを変える!群馬県の花市場の事例

パーソナル情報システム株式会社
調査会社ICT総研の発表によれば、国内のタブレット端末の出荷台数は2015年度にはノートPCのそれを上回り更に伸長すると見られています。もはやタブレットは情報システムの主要デバイスに躍り出ようとしており、その流れは花き市場にとっても例外ではありません。そのような中、この4月に稼働したある中堅花き市場の新せりシステムが業界の熱い注目を集めています。いち早くタブレットをせりに導入し、全く新しいせりのスタイルに挑む花き市場の今をお伝えします。

【ST-5 セミナー】 11:30~12:30  食品 
失敗しない生鮮食品向け業務システムの選び方
生鮮食品業界における業務システムの最新動向

パーソナル情報システム株式会社
食品流通業界の最旬キーワードである「生鮮」。しかし数多ある生鮮食品の分野においては自社取扱品目に最適な業務システムを選定することは困難を極め、また中堅・中小の事業所においては専門的な知識を擁する情報システム担当者の不在や導入コストの問題から消極的選択を余儀なくされる例も少なくありません。生鮮食品を取り扱う事業者が新たに業務システムを導入するにあたり注目すべきポイントを当社積年の生鮮流通ノウハウを盛り込みながらわかりやすく解説致します。

【ST-6 セミナー】 14:30~15:30  食品 
GLOVIA Smart 食品 FoodCORE / きらら販売
富士通 食品業界向けソリューションの導入事例

富士通
富士通マーケティング
食品業界は未だ残る消費者の低価格志向や少子高齢化を背景に縮小基調を迎えています。こうした市場環境の下、各社においては販売競争の激化に伴い利益の確保が大きな経営課題となっています。本セミナーでは富士通グループがこれまで食品業界に向けて20年以上にわたりシステムを提供してきたノウハウを活かし開発した、食品業向けソリューションの具体的導入事例を取り上げます。<業種例>水産加工製造/製パン/弁当製造/生菓子卸/青果卸/業務用食品卸/酒類卸 他多数

主催 パーソナル情報システム株式会社
共催 株式会社NTTデータ関西
協賛 富士通株式会社、株式会社富士通マーケティング
お問い合わせ パーソナル情報システム株式会社 生鮮流通フォーラム事務局 営業企画
TEL:03-5782-9211
FAX:050-3730-9458
E-mail:marketing@pjs.co.jp

※ 講演、セミナー内容、講師、その他の詳細等につきましては、予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
※ 講演、セミナー等は定員になり次第、お申込みを締め切らせていただきます。予めご了承ください。


御社の ニーズ にお応えいたします。

詳しいご説明に伺いますので、まずは ご相談 ください。